スタッフが語る

過去のやり方に囚われないっていう考え方がすごい好きです。

高屋 翔

歯科医師

経歴

公立大学の口腔外科で研鑽を積んだ後、たけち歯科に入社。技術に対しては人一倍負けず嫌いで、そのモチベーションの高さはクリニック一番である。患者様にベストな治療を行うために日々研鑽を積んでいる。スキーで国体出場経験あり、そのほかにもバトミントン、DJもこなす。

Q1たけち歯科に興味をもっていただいたきっかけと、入社した決め手を教えてください。

まずこの医院の外観ですね。もともと大学病院で勤務してたので、もう病院っていうイメージがかなり強かったんですね。その病院のイメージを払拭するというか、一般の患者さんに受け入れてもらいやすいデザインにすごく興味を持っていました。その後に、武知先生と実際お話しさせていただいて、世界を飛び回ってる先生、なかなかやっぱりいらっしゃらないので、そういうところにすごく人間性に興味を持ったんです。実際この先生はどういうことをされているんだろう。普通の歯科業界に囚われない考え方をしてはるんだなと思って入社しました。

Q2入社してみて良かったなと思うことってどんなことでしょうか?

積極的に自分で勉強会に行くことを後押ししてくれるところがすごいよかったなと思います。僕自身もけっこう海外にも行かせていただきましたし、いろんなスタディグループの勉強会とかも行かせていただきました。歯科の話だけじゃなくて、すごく極端な話なんですけど、ビジネスのお話であったり、経営力の考え方であったり、マネジメントの考え方であったりっていうふうなのは、やっぱりここでしか教えていただけないと思います。学べるところが、他にはなかったかなと思います。

Q3先生はすごくモチベーションが高くて、自分の技術研鑽っていうことに対して本当に高い意識でいつも取組んでらっしゃると思うんですけども、ご自身のスキルアップに関して、職場環境はいかがでしょうか。

やっぱり最高ですね。過去のやり方に囚われないっていう考え方がすごい好きです。僕自身がけっこう、根管治療、エンドがすごい好きで、去年1年はエンドをもうひたすらずっと勉強してきたんですけど、例えば、それに対して、「これはこうやからこうじゃないといけない」とか、「うちの医院はこういうやり方だから」っていう考え方で、過去に囚われている職場って結構あるんです。でも、たけち歯科はそうではなくて、最新の論文に関する知識とかそういったのも積極的に勉強されて、それを全員で共有して、なおかつそれを取り入れる。ただし、取り入れるためにはコストの問題とか、資金面も非常に重要になります。コストパフォーマンスもしっかり計算した上で取り入れていき、それを患者さまに還元できるところがすごいなと思います。

Q4先生は大学病院で臨床研修の期間を経て、入社していただいたんですけども、たけち歯科の教育制度について、どんなふうにお感じになりましたか?

マネキンを使って、支台歯形成の練習であったり、印象の練習であったり、TEKをつくったりとか、実際にするようになってから自分でも分かるぐらいに成長したと思います。

Q5あの時はすごく練習しましたね。

はい、心折れるぐらい(笑) 「はいじゃあ今週はこんだけいこか」っていう感じの・・・(笑)。今、思えばすごくやってよかったなと思います。今、僕の後輩の先生たちもそれを見習って練習していただいています。僕が実体験でやったことをそのまま後輩に伝えるってことは、すごいためになっていると思います。自分の悪いとこも見直せますしね。

Q6これから就職を考えてらっしゃる歯科医師の先生に伝えたいことをお願いいたします。

今後の歯科業界っていうのは、僕自身の考えなんですけど、歯科医師の数が多いとか、歯科診療所が多いとか、そういったマイナスなニュースがけっこう多いんですね。4人に1人が年収300万以下とかよくニュースでやっていると思うんですけれど。僕はそんなマイナスな意見は変わると思うんです。逆に言えば、もっと可能性に満ちた業界だと思うんですね。というのも、マネジメントの部分であったり、経営的な部分であったり、歯科以外の勉強をしてきた上で、そういうふうに思うようになってきたんです。どうしても研修医の先生とかは歯科ばっかり勉強してきているんですよ。6年間。やっぱり歯医者を一生していくんですからそういった面も大事かなと思います、。歯医者の勉強ばっかりするのではなくて、いろんな分野に目を向けていただいて、自分の将来像とか、夢とかっていうものを、もっともっと幅広く考えていただければいいかなと思います。