スタッフが語る

初診で診た患者様を、朝全員でカンファレンスを通して治療方針でアドバイスをいただけます。

川原 万平

歯科医師

経歴

公立医科大学病院にて研修の後、たけち歯科に勤務している知人ドクターの紹介により入社。その落ち着いたコミュニケーションスキルで患者様からの厚い信頼を得ている。技術系セミナーに積極的に参加し、研鑽を積んでいる。学生時代はバスケ部のキャプテンをしていた。よく漫画を読んでいる姿が目撃される。

Q1たけち歯科に興味を持っていただいたきっかけと入社の決め手を教えてください。

同年代のドクターの方が数名いるということ。院長とふたりというわけではなくて、気軽に質問であったりとかっていうのをできる歯科医院がいいなと思っていました。ホームページを見て、共通の友だちがいるというのもあったんですけど、若手のドクターが数名いるということが一番の決め手となりました。

Q2入社してみて良かったと思うことは、どんなことでしょうか。

自分が、初診で診た患者様を、朝全員でカンファレンスを通して治療方針でアドバイスをいただけます。治療中、治療後も分からないことがある時に、次にどうするか質問があれば、すぐに聞ける環境が揃っているのは良いなと思います。

Q3技術面とかで勉強したり、研鑽したりという教育制度に関してはどうでしょうか?

マネキンとか、練習用模型が揃っているとか、自分がやりたいことが練習できるっていうのは当然なんですけれど、しっかり順序立てて練習ができる。形成練習とか、「やっといて」じゃなくて、しっかり本にまとまっていて、しっかりチェックもしていただける。なので、自分で順序立ててスキルアップができるっていうところが素晴らしいなと思います。

Q4教育制度についてどんなふうに考えられてますか?

セミナー参加に協力的というか、休みとか金額の面でもいろいろサポートをしていただけて、あとは、たけち歯科だと上の先生で多くセミナー参加されてたりするので、話を聞くだけでもすごく勉強になります。行ってほしいセミナーとか、やっぱり内容を知っているからこそ教えていただける。たぶん自分ひとりだと気づかないこともあるので、そういう面ではすごく自分にプラスになると思います。

Q5何かセミナーに行かれていますか?

友だちの紹介なんですけど、今、セミナー行ってます。それは、患者さんの初診から治療方針をしっかり立てていく知識を得るためのセミナーに行っています。

Q6そこで学んだことは仕事に活かせそうですか?

学ぶだけじゃなくて、患者さんにそれを提供することで、自分のどこができていないかに気づけると思っています。これから十分発揮できると思っています。

Q7入社同期の方が6名いらっしゃいますが、チームワーク、仲間意識という面ではどのように感じていますか?

他の歯医者さんを見ていると、自分ひとりとか、多くても同期ふたりとかです。僕自身感じることは、ちょっと窮屈っていうか、気軽に話をできる人がいないっていうのは、働く上でちょっと閉じこもってしまうということがあるんです。たけち歯科だと年齢は違うんですけど同期入社の方が多いので、例えばちょっとした悩みとか、先輩とかに話をするような内容じゃないことでも気軽に話ができたりします。そういう点で、気持ちの面ですごくリラックスした状態でいれるかなと思っています。

Q8これから就職する歯科医師の方々に伝えたいことをお願いいたします。

僕の歯科医師として経験年数は、まだ短いんですけども、技術を上げたい人はもちろん良いと思います。それと、人とのつながり。やっぱり人数が多いので、いろんな人と会話ができて、いろんな人の知識が得られることが良いです。あと、これだけ成功している医院ですので、なぜ成功しているのか、中身の部分がしっかり勉強できるなと考えています。外から見るよりも、しっかり中で勉強することができる医院だと思います。