働く環境と文化

風通しの良い文化

私たちが掲げるビジョンは患者様からの認知度と人材育成において京都で1番の歯科医院。このビジョンをスタッフ一人ひとりが自分のものとし、チーム一丸となって達成を目指す組織です。そのベースにあるものは、「風通しの良いフラットな文化」なのです。

上下関係や役職に関係なく発言できる風通しの良い文化

たけち歯科の最大の特徴は、一言でいうと人間関係が良好な上に成り立つ、風通しの良いフラットな文化だということです。
「フラットな文化」とは、スタッフ同士が、ただ仲が良いということを意味しているのではありません。
たけち歯科クリニックには、問題が起きた時に組織の中にそれを解決していこうとする文化があります。「院長、あれっておかしくありませんか?私はこうしたらもっとよくなると思うんです。私にやらせてくれませんか?」こんな会話がよくされています。

こういった環境を作る上で、大切に考えていることが、どんなことでも、自由に発言できる風通しの良い文化を作るということです。
以前から、職場の中で「人が育ちやすい文化はどんなものなのか」と考えていました。
スタッフが自立して自から考えて行動できる文化を作る事です。
それはトップダウンではなくて、もっとフラットな関係性を作る事が重要だと考えました。
組織として上下関係は必要だと思いますが、風通しの良い文化という意味は「いつでも誰でも意見を言える」環境ということです。
業務に何か問題がある時に決してトップダウンで解決策が決まったりしません。
ましてや、幹部スタッフにまかせっきりでもありませんし、若いスタッフからのボトムアップに頼ってもいません。

立場や役職に関係なく同じ立ち位置で話ができる文化を育てたいと思っています。
大きな問題があればトップダウンもあるかもしれませんが、院長や、スタッフの上下関係、衛生士やドクターマネージャーなどの職種に関係なく、それぞれが、3つの仕事観に照らし合わせていつでも発言できる環境を作ることで、見えない課題が見えてきます。さらに、スタッフ自身が課題を解決する力もついてきます。
一人ひとりが、一番を目指すために話し合い、行動する。チームの目標達成に向けてお互い切磋琢磨しながら成長していく。発言において対等であることは、何よりも大切な文化だと考えています。

働きやすい環境

以前、ベストセラーになった「嫌われる勇気」で一躍脚光を浴びたアドラーは、「全ての悩みは人間関係の悩みである」と言っています。しかし「全ての喜びもまた、人間関係からである」とも言っています。人間関係の質は人生の質と言っても過言ではないでしょう。
私たちスタッフはチームとして患者様をお迎え致します。一日の中で、家族や友人よりも長い時間を共に過ごすスタッフ同士。お互いを認め合い、高め合える存在になるために、スタッフ同士のコミュニケーションもとても大切にしています。スタッフ同士の交流を深め、その関係を仕事で生かす。
そのためにも定期的にスタッフイベントを行っています。
スタッフみんなで共通の様々な楽しい体験、活動をすることでチーム力が育つのです。仕事も遊びも一生懸命取り組み、楽しむ。これが私たち、たけち歯科クリニックの文化なのです。

情報共有

情報共有が出来ていると、業務上の判断を迫られたときに情報の中から判断基準を得ることができます。
たけち歯科クリニックは社員の数が比較的多いクリニックです。そのため、情報を全スタッフが同時に共有できるシステム、グループウェアを使っています。このシステムにより、情報が携帯端末(スマホ等)でいつでも、どこでも確認ができます。例え、数日間休んでもその間の出来事や連絡事項はリアルタイムで知ることが出来るのです。