スタッフが本音で語る「たけち歯科で働くとは?」

スキルを活かす

たけち歯科ってどのような会社?

こんにちは、歯科衛生士の西川です。
私はたけち歯科に今年入職し、8ヶ月程が経ちました。私はこれまで歯科関係以外の仕事を経験し、他のクリニックでも歯科衛生士として勤務した経験があります。
そのような私がたけち歯科へ入職した理由と実際に働いて今感じていることをお伝えしていきたいと思います。
 
就職活動をする際に、私が重要視したことは今までの経験を活かしつつ、ステップアップ・スキルアップが出来る環境があること、風通しの良い職場環境であることでした。
実際医院見学をさせていただくとクリニック全体の雰囲気が良く分かります。
 
たけち歯科へ初めて見学で伺った時、スタッフの皆さんが笑顔で生き生きと仕事をしておられ、医院全体の雰囲気が明るくとても良いことをすぐに感じることができました。
 
歯科医院というと特殊な仕事で狭い世界というイメージもあるかもしれませんが、たけち歯科ではスタッフの人間性を育てるという大きな目的があり、
実際その目的を実現化していいく為に武知先生をはじめ皆さんが行動へ移していることを入職してから多々感じています。全スタッフその考え方について共通認識を持ち日々仕事をしています。
 
もちろん患者様により良い治療やサービスを受けて頂くために、専門的な技術や知識等は必須です。そのための勉強や鍛錬を継続していくことも大切ですし、スキルアップのための環境がたけち歯科には整っています。
 
 
IMG_5000 
 
 
しかし専門的な知識や技術があるということだけではこの仕事は成り立ちません。私たちは病気を診るのではなく、患者様という「人」を診ていく仕事です。
そして医院を運営していくためにはただ日々の診療をこなすというだけでは不十分です。その時に必要になるのでは正しい「仕事観」や「人間力」だと思います。これらはゴールがあるのもではなくどこまでも努力し続け成長し続けられるものです。
 
恥ずかしながら私はこれまで学術的なセミナーは多く受けてきましたが、働く上で必要となる人間力を高められるようなセミナーなどはほとんど受けたことがありませんでした。
まだ働き始めて1年に満たない私もすでに多くの学びの場を与えて頂きました。勤務し始めてから改めて自分と向き合い、見つめ直す機会がとても多く、これからもどのような新しい場面に出会い私自身どのように成長していけるのかが楽しみです。
 
そのような成長し続けられる環境に今いられることに本当に感謝しています。
そしてたけち歯科には勤務年数に関わらず、自由に発言ができる雰囲気と環境があります。これは当たり前のことのようでなかなか実際は難しいことではないかと個人的には思っています。
入職してまだ間もない頃に武知先生より新人スタッフこそ立場など気にせずに自由に自分の意見を言って欲しい。そして言い続けて欲しい。とお話ししていただきました。
風通しの良い職場作りを自ら行い、変化を恐れずクリニックをより良いものにしていく為、しっかりとクリニックを見つめ改善点を提案し続けていくことで、たけち歯科は進化し続けていくのであるというお話でした。
 
入職してすぐにそのようなことを言ってもらえることはこれまでなかったので、私はとても嬉しく感じました。
言われるがままに仕事をすることは楽ですが、そのような働き方では人も会社も硬直し何の発展性もありません。反対に自分で創り出していく仕事には大きな喜びややりがいが生まれ、自己成長へと繋がっていきます。成長できる機会がたけち歯科には溢れているのです。
 
もちろん何でも受け入れられるという意味ではなく患者様の為、クリニックの為、スタッフの為になるというバランスが大切です。
日々診療をしていると問題が起こることもあります。そのような時にはスタッフ全員で自分の問題として考え相談し共有するシステムが出来ています。そのような時には誰か1人が偏って発言することは無く、各々が自分の意見をしっかりと伝えられるように雰囲気作りが出来ているのです。先輩後輩や職種に関わらず、意見を聞き入れて貰える環境があるというのはとても恵まれたことだと私は考えます。
 
2017-12-08 9 53 42
 
 
どのような職場環境を求めるかは人それぞれですが、スタッフの誰もが医院運営に参加できるという環境は多くはないのではないでしょうか。
是非実際にクリニックへ足を運んでいただき、その雰囲気を感じていただければと思います。
 
 
 

この記事を読んだ人は
こんな記事も読んでいます